【2020年8月実績報告】メルカリ転売の利益公開 月1万円稼ぐ方法

松本滉平
松本滉平
6月の転売実績報告になります。私が転売を始めて、ちょうど1年が経ちました。
今回は、私が転売を始める前と始めた後の変化を話します。
まずは最初に、6月の実績から見ていきましょう!
目次

6月度の利益

それでは、6月の収益を見て行こうと思います。

ちなみに、5月度の実績報告はこちらです。

[clink url=”https://aicweb.jp/resalereport009/”]

松本個人

6月も隙間時間に作業を行い、1ヶ月でフリマアプリに約20商品ほど出品しました。

私の6月の収益は、売上が62,900円。利益が25,307円でした。

いつもは、毎月約40商品出品していましたが、6月は出品数が少なかったため、いつもより少ない収益となりました。

収益を増やすためには、出品数を増やす必要があるため、さらに出品数を増やすことを意識して、地道に頑張りたいと思いました。

松本以外全員

6月の結果はこのような感じでした。(※収益0円の人は除く)

参加者売上報酬販売個数
松本¥62,900
¥25,30718商品
平岩さん¥20,200¥11,5618商品
高木さん¥32,500¥18,06710商品
吉見さん¥54,208¥34,33919商品
廣海さん¥55,291¥37.96917商品
池田さん¥27,310¥15,90612商品
鈴木さん¥ 142,032¥65,09250商品
多田さん¥1,500¥7211商品
片寄さん¥12,450¥8,3196商品
丸尾さん¥8,600¥4,2544商品
榎本さん¥167,285¥77,41956商品
藤平さん¥16,229¥7,5814商品
神林さん¥5,000¥2,5562商品

以上が皆さんの結果です。

収益が1万円を超えたのは、14人中7人でした。

さらに、鈴木さんと榎本さんは収益が6万円を超えました!2人とも転売を始めてからまだ数か月ですが、高い収益を得ることができました。

自分の頑張り次第で、収益を上げることができるのがAIC転売サービスの特徴だと、改めて感じました。

一人でも多くの方が、満足いく収益を得られるように、これからもみんなで切磋琢磨しながら頑張りたいと思います。

転売を始めてからの変化

6月で、私が転売を始めてから1年が経ちました。

転売を始める前と始めた後で、私の環境や心境に変化があります。

今回は、私の転売を始める前と始めた後の変化を話します。

アルバイトを辞めることができた

1つ目の変化は、「アルバイトを辞めることができた」ことです。

転売を始めた当初の目標は、「転売で月収1万円」でした。それから、目標はどんどん高くなり、最終的に「アルバイトを辞めること」が大きな目標となりました。

作業に慣れてからは、安定して毎月数万円の収入を得ることができたので、アルバイトをしていた時と同じくらいの収益を得ることができました。

自分が立てた目標をしっかり達成できたことは、私にとって大きな成長となりました。

また、現場に行って仕事をするアルバイトとは違い、転売は場所や時間を問わず作業ができるため、大学の勉強に充てる時間や、プライベートの時間を今まで以上に確保することができました。

収入は、アルバイトと転売で大きな差はありませんが、作業に充てる時間の差は非常に大きいと感じました。

責任感がついた

2つ目の変化は、「責任感がついた」ことです。これは、数値で表せることではないので、あくまで私自身の感覚で思ったことです。

転売を始める前は、アルバイトをしている普通の大学生でした。

アルバイトは、時給で収益を得られるため、時間が過ぎることだけを考え、最低限の仕事をこなすことしかしませんでした。

それに比べて転売は、時給で収益を得られるわけではありません。自発的に作業をすることで、初めて収益を得ることができます。

つまり、作業に充てる時間を自分で決めなければいけないため、自分次第で結果はいくらでも変わると言うことです。

また、商品の出品や発送、売上報告などやるべきことがいくつもあります。特に、販売する商品の数が多くなればなるほど、作業量は多くなります。

これらの作業や時間管理を全て1人で行うため、ある程度のタスク管理能力や責任感が必要だと感じました。

目標達成のために、自ら作業時間を決めることや、タスク管理をする経験は、責任感が芽生えることにつながりました。

最後に

今回は、転売を始めてからの変化について話しました。

転売をやる一番の目的は「収益を得るため」ですが、収益以外にも得られることがあることを共有したかったため、このような話をすることになりました。

他の方も、転売を通して多くの経験や気づきを得ることができたら幸いです。

また、本サービスはAICゴールド会員以上の方を対象にしたサービスになります。

AICゴールド会員以上の方は「ゴールド会員」LINEにその旨をご連絡ください。(恥ずかしい方は、私個人に連絡してくれても大丈夫です。)

責任者:松本

目次
閉じる