2020年AICキックオフ AICの目的を振り返る

2020年AICキックオフ AICの目的を振り返る
UESHO
UESHO
本日は新年会を送りました。

新年会は、2部構成で行い、1部は2019年の振り返りと、2020年の目標共有を行い、2部では懇親会を行いました。

お時間いただいた皆様ありがとうございます!本年度はより加速していきましょう!

ちなみに本キックオフに関しては、動画化して会員の皆様は見れるように張っておきますね!

詳しくはLINE WORKSにてご連絡します。

AICのコンセプト

AICは2019年の2月に組成された組織で、もうすぐで1年が経過します。

ありがたいことに会員の皆様に助けられて、2019年である程度の基盤となるカタチができました。

本記事では、改めてAICのコンセプトを振り返らせていただければと思います。

自立した自分を創る

AICのコンセプトは「Create Yourself」です。和訳すると自立した自分たちを創るというコンセプトを提示しています。

会員それぞれが自立した考えを持ち、やりたいことや夢を見つけ、それをカタチにしていくことがAICの役割です。

やりたいことや夢を持たず、ただ毎日をなんとなく過ごしている方ってすごく多いと思うんですよね。

少し前の内閣府の調査でも、日本人の若者の自己肯定感が諸外国に比べて低いという結果が出ています。

参照:内閣府:日本を含めた7カ国の満13~29歳の若者を対象とした意識調査(H25年)

このデータを見る限りだと、日本人は45.8%なのに対して、日本以外の他6か国は70%以上と、日本人だけずば抜けて自己肯定感が低いのがわかります。

さらに同じ調査を参照すると、日本人は「うまくいくかわからないことに意欲的挑戦する」人の割合も、諸外国と比較すると低いことがわかります。

参照:内閣府:日本を含めた7カ国の満13~29歳の若者を対象とした意識調査(H25年)

つまり、日本人は全体的に今の自分自身に満足いっていないものの、新しいことへ挑戦することが苦手な民族だとわかります。

そんな特性の強い人たちに、やりたいことを実現させよう!とか夢を叶えよう!なんてことを言うのは、何を綺麗ごと言っているんだ?と言われそうですが、AICではそれが本当にできる体制・仕組みを構築しているため、綺麗ごとではないことだけ伝えておきますね。

なんのために生きているのか

突然質問しますが、あなたはなんのために生きているのでしょうか?

この質問てけっこう回答困りませんか?

少し手を止めて考えてみて下さい。

・・・・

・・・

・・

答えは出ましたか?

・・・・

・・・

・・

そろそろ答えを言いますね。

・・・・

・・・

・・

答えは「幸せを追求するため」です。

あなたは、生まれてから今まで一度でも、自分が不幸せになるための選択したことってありますか?

もしかしたらワンナイトとわかりながら、男性に身体を許した女性がいるかもしれませんね。

それはもしかしたら自分が不幸せになる選択かもしれませんが、一時的な性欲と愛情を満たすために(幸せになるために)自分で選択した結果、不幸せになっただけだといえます。

私たちは自分の幸せを願い選択を繰り返し、今の自分になっているのです。

理想と現実のギャップ

今のあなたに満足しているのは「45.8%」と約半数です。

ということは、約55%の人は、幸せになろうと選択した行動が、間違っていたということになります

幸せを追求するために生きてきているのに、今の自分に満足していないのであれば、今のままの生きていたら幸せに近づかない可能性があります。

であれば、より幸せになる生き方をしなければいけないと思います。

その為には、どんな生き方をすれば幸せになりやすいのかを知らなければいけませんよね。

ポジティブ心理学で見る「幸せ」の定義

「幸せ」について考える際に、参考になるのがポジティブ心理学という学問です。

ポジティブ心理学(ポジティブしんりがく、英語: positive psychology)とは個人や社会を繁栄させるような強みや長所を研究する心理学の一分野である。精神疾患を治すことよりも、通常の人生をより充実したものにするための研究がなされている。

現代のポジティブ心理学は、1998年にマーティン・セリグマンが、アメリカ心理学会の会長に選ばれた際に、任期中の課題としてポジティブ心理学の創設を選んだことにより、新しい領域として開始した。

参考:Wikipedia

そんな「人生をより充実するための研究」であるポジティブ心理学によると、「幸せ」の構成要素は以下だそうです。

あなたの幸せを決めているものは?
  • 遺伝子:50%
  • 環境(収入、家、家族、仲間など):10%
  • 自発的な行動:40%

つまり、人間は生まれた時には50%も「幸せ」かどうか決まっているそう。
両親の影響って本当に大きいんですね~。

そして注目すべきは、収入とか住んでいるところとかが、わずか10%しか関係ないということです。

多くの方が、お金持ちになれば幸せになれる、逆にいえば貧乏だから幸せじゃないと勘違いますが、それは大きな間違い。

それよりも、自分が心からやりたい仕事が出来ていたり、没頭できる趣味を見つける方が幸福度には関係するんですよ。

だから「幸せを追求する」という人生の目的を達成するには、フットワーク軽くやりたいことに挑戦することが大切なんですね。

AICで出来ること

日本人が新しいことへ挑戦することが苦手な民族なのはわかりました。

とはいえ、幸せを追求するには自発的に行動することが大切なんですよね。

そのため、AICでは皆様のためにさまざまな活動を用意しています。

これが2019年12月末現在、AICが提供していた活動内容などです。

ここには一部しか記載していませんが、いくつかのサークル活動や勉強会を主催していました。

活動には、会員の皆様が自由に参加可能で、楽しい経験や学びを通じて、より豊かな人生を目指すことができます。

更には、会員自身が各活動の主催をすることができ、自分が活動のリーダーに挑戦することで、参加するだけとはまた違う充実感を感じることができます。

2020年の活動方針

2020年は、より沢山のニーズに応えられるよう、活動を3倍以上に増やすことを計画しています。

運動や文科系の活動、ボランティア、様々な学びまで、ここにいれば何でも手に入るようになります。

どんな関わり方でも出来るAICで、あなたの人生の目的「幸せの追求」をしていきましょう。

AIC会員に興味のある方は、こちらの公式LINEからご連絡ください。

会員に興味ある方はこちら

UESHO
UESHO
2020年の詳しい取り組み内容に関しては、ゴールド会員以上の皆様にのみ開示するので、そちらも確認してみてください ^^
報告する

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。