【2019年11月実績報告】メルカリ転売の利益公開 誰でも1万円副業

※この記事は2019年12月1日に作成されました。

副業をはじめたいけど、どんな副業を最初に始めるのがおすすめなの?
悩みマン
悩みマン
松本滉平
松本滉平
副業素人が最初にやるのは転売がおすすめです!

転売であれば、初月で1万円/月~3万円/月くらいの収益を、半年以内に10万円/月くらいの収益は誰でもつくることが出来ます。

本記事では、転売初心者の私が「転売3か月目」でどれだけ収益を上げたか、そして「転売1か月目」の会員がどれだけ収益を上げたかをお伝えします。

目次

2019年11月収益報告

11月度の収益(松本)

転売をはじめて早3か月、最初は右も左もわからなかった私も新しく始めた方にアドバイスする立場になりました。

そんな私の今月の収益は、売上が93,600円。利益が44,822円でした

先月の収益は、売上が156,390円。報酬が70,977円だったので先月と比較すると少し下がった印象。

10月度の報告詳細はこちら

10月転売サービス実績報告

ただ今月は、毎日やる作業がどうしてもできない日が何日かあったので、下がって当然でした。

仮に収益が下がったとしても、金銭リスクを抱えないスキーム(つまり収支がマイナスにはならない)をAICが構築してくれているので何ら問題はありません。
※もちろん、無在庫転売のようなスキームではありませんとだけお伝えします。

11月度の参加者

11月度から、新たに2名の方が新しく始めました。現状、私含め6名が転売を行っています。

転売サービスを始動した当初に比べ、人数も増えており、より充実した環境になりました。
一緒にやることで、新たに気づくことや学びも増え、切磋琢磨できている印象です。

11月度の収益(全員)

11月の結果はこのような感じでした。

販売者 売上 収益
松本滉平 ¥93,600 ¥44,822
上原翔 ¥40,926 ¥16,684
神田将嗣 ¥20,300 ¥10,420
平岩丈 ¥24,450 ¥12,362
高木滉平 ¥12,159 ¥6,762
吉見愛美 ¥11,920 ¥5,488

平岩さんや神田さんは、転売を始めてから2ヶ月目(先月はほぼ稼働していないので、実質1か月目)ですが、早くも収益1万円を達成しました。

11月の途中から参戦した高木さん、吉見さんも5,000円を超える収益を出せているので、まずまずの結果だと思います。

実際、どのくらい大変なのか?

実際、この転売はどのくらい大変なのでしょうか?

商品の出品作業、梱包・売上報告などやるべきことはいくつかありますが、出品は1商品10分程度、梱包・売上報告で1商品10分程度です。さらに毎日の作業で10分程度かかります。

これをざっくり合計すると1か月でだいたい15時間くらい作業にかかります。(30商品の出品+全商品が売れたケース)

最初の頃は慣れていないので1ヶ月で20商品ほどしか出品できていませんでしたが、今では1ヶ月で50商品ほど出品するくらいに作業スピードを上げることができました。

私は、普段の平日は毎日9時~18時頃まで大学に通っているので、作業時間は1日30分程度しか確保しないようにしています。

それでも約45,000円の収益を作ることができました。

これを時給に換算すると3,000円程度なので、素人が始めて3か月の副業にしては、相当いい方だと思っています。

出品や毎日の作業は場所を問わず行えるので、私なんかは移動中などの隙間時間でも行っており、忙しい方でも続けることができます。

12月以降の予定

11月後半や12月から新しく参加される方もいるので、質問を一気に受けつけるZOOM質問会を行います。

各自の悩みを聞いて、それに私と上原さんで回答していきます。

また、まだ本サービスに参加していない方も、こちらのZOOM会議には参加できるので、お気軽にご参加ください^^

そして1月か2月にフリーマーケットに参加しようと思っています。

基本的にはメルカリやラクマなどのフリマアプリで販売をしていますが、売れていないものもあると思うので、フリーマーケットで一気に捌く予定です。

こちらも今場所の選定などを行っていますので、本サービスに参加された方の一つの特典としてお使いください。

本サービスに興味がある・参加したい方は

本サービスに興味が沸いた方は、こちらの連絡先に以下の旨を添えてご連絡ください。担当者が順に回答します。

連絡先:support@aicweb.jp

件名:転売に関して
——————
本文:
❶お名前
❷電話番号:
❸紹介者(いない場合は空欄)
❹その他(質問などがあれば)

※AIC会員の方は会員LINEで私か上原さん宛にその旨をご連絡ください。

責任者:松本

目次
閉じる