【2020年1月実績報告】メルカリ転売の利益公開 月1万円稼ぐ方法

  • HOME
  • Blog
  • 転売
  • 【2020年1月実績報告】メルカリ転売の利益公開 月1万円稼ぐ方法
【2020年1月実績報告】メルカリ転売の利益公開 月1万円稼ぐ方法
松本滉平
松本滉平
2020年も1か月が経過し、また月1回の報告の時期がやってきました。AIC転売サービスも始まって5か月目に突入し、収益が安定する人もちょいちょい出てきました。さて、それでは今月の報告をみていきましょう。

1月度の収益

1月度の収益を今月も見ていこうと思います。
ちなみに12月度の実績報告はこちらです。

松本個人

松本自身は最初から転売に参加しており、現在は責任者という立場をさせていただいております。

私も5か月目に突入し、作業に慣れ、収益面も安定してきました。

私の今月の収益は、売上が113,780円。利益が52,996円でした。

1月は若干売上が落ちる傾向にありますので、先月よりも売上や報酬は落ちると思いましたが、先月とほぼ同じ金額を稼ぐことができました。

松本以外全員

1月の結果はこのような感じでした。(※収益0円の人は除く)

参加者売上報酬
松本¥113,780¥52,996
上原さん¥59,326¥25,974
平岩さん¥55,750¥24,554
高木さん¥15,538¥7,184
吉見さん¥84,958¥40,583
廣海さん¥1,700¥723
池田さん¥46,690¥22,563

個々で転売にかける時間や、商品の出品数に差があるため、収益に差が出るのでしょうがないですが、収益が出る人と出ない人の差がはっきり分かれたというのが1月の印象になります。

一番注目して欲しいのが、吉見さんの結果です。

先月の吉見さんの収益は、売上が8046円、収益が7,153円でした。
それに比べて、今月が、売上が84,958円、収益が40,583円となり、先月に比べて売上に関しては約10倍以上、収益も約5倍以上になりました。

12月末にZOOM会議にて、プロフィールの添削等を行いました。
吉見さんはその会議でアドバイスしたプロフィールや商品ページの編集をすぐに実践していたため、飛躍的に商品が売れるようになったのではないかと思います。

収益に個々で差があるのでなぜか?

転売サービス参加者も増えてきて、その中でも、利益が出ている人と出ていない人の差が現れるようになりました。

一体なぜ、差が出ているのか私なりに思ったことを話します。

利益が出ている人の特徴は、ずばりやるべきことをやっている
ただそれだけです。

私と上原さんが作った動画に従い、少し大変かもしれませんがコツコツ作業を行った人が利益を上げています。

転売においてやるべきことはいくつかありますが、まず一つに商品の出品作業が必要になります。
当たり前ですが、商品を出品しないと売れません。

その商品もただ出品すればいいという訳ではなく、買い手のことを考えて文章をつくったり多少の工夫をする必要があると思っています。

もちろん、みなさん仕事や学校などの用事で忙しいのは知っています。それでも、自分で参加すると決めた以上、忙しいをいい訳にせず責任をもって取り組んでいただければ、自ずと収益も上がるでしょう。

出品は自宅でなくても、外出中や隙間時間で10分くらいで出来ることなので、やる気次第でできると思います。
って言いながら私も、大学の卒論発表前で忙しいのを言い訳に出品作業を疎かになりつつあるので、再度気を引き締めて頑張りたいと思います。

商品ページ(写真・文章・タイトルなど)やプロフィールをしっかりとした作れれば、商品は自ずと売れていきます。
例えばAmazonで販売されてるものと比べて、全然高値で売れるかどうかもそれにかかっていると言えます。

これは上原さんにもらった例ですが、Amazonで3,399円で売られている商品が、4,999円で売れています。こんなこともよくあります。

最後に

先月の実績報告では、[実際にどれくらい大変なのか]を話し、今回は、[収益に個々で差があるのでなぜか?]という、よりリアルな現状を話しました。

不安に思った方もいると思いますが、全て動画にしてノウハウをまとめていますので、大丈夫です。
難しいことは何もありません。

とにかく結果が出ることはわかりきっていることで、あとはそこから如何に”それないか”が大切です。

ビジネス業界(ビジネスという言葉は好きではありませんがわかりやすいように)では、よくTTPという言葉を耳にします。
この意味は”徹底的にパクる(Tettei Teki-ni Pakuru)”だそう。

基礎が出来ていないうちは、変にオリジナリティを出すのではなく。先人に言われた通りにやりなさいということです。
ある程度ベースができずに応用しても決してうまくいきません。

ストレートがまともにストライクに入らないのに、カーブの練習をするようなもの。まずはベースとなるカタチをしっかりとつくりましょう。

これからも転売サービスは続けていきます。そして私と上原さんで次の施策も動き始めています。
この転売で結果が出せた人は、次の施策も簡単だと思います。

大変だとは思いますが少しだけ頑張ってみて、まずはこの転売で皆さんが収益月1万円超えることを願っています^^

報告する

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。