第2回サバイバルゲーム活動報告

目次

第2回サバイバルゲーム活動報告

先日、AICメンバーを中心としてサバイバルゲームを開催しました。

今回も株式会社K-7さんにご協力いただき、レーザータグK-LUSHを使ったサバイバルゲームを行いました。

レーザーサバゲーはレーザー銃と、首元にレーザーに反応するセンサーを取り付けて行うので、弾があたってケガをする可能性が低く、初心者の方でも安心して取り組むことが出来ます。

銃のタイプが2種類あり、機動力が高く2発のレーザーをセンサーに当てると敵を倒せるタイプに銃と、機動力は低いものの1発で敵を仕留められる銃がありました。

それを2チームがそれぞれ持ち、相手を打ち合うのがゲームの基本的な遊び方です。

日程

2019/5/25(土) 13:00 ~ 15:00

タイムテーブル

時間 内容
12:30 初参加者受付開始
12:50 事前説明開始
13:00 入場・機材搬入 ※搬入を一部お手伝いいただく場合があります
14:45 ゲーム終了・集合写真撮影
15:00 完全終了・自由解散

会場

FUTSAL POINT 芝浦 PRODUCE BY TOHKAIKAIUN
ホームページ
http://futsalpoint.net/shisetsu/salu/shibaura/

ゲームについて

今回はフットサルコートにいくつかの障害物を立てて、それを防御壁にして対戦を行いました。

17名の方に足を運んでいただき、約2時間ゲームを楽しみました。今回ははじめて参加もしくは2回目参加の方が多かったので、初心者の方も楽しめている印象でした。

今回は3つのルールでゲームを行いました。

私自身3回目のサバイバルゲームでしたが、ターミネーター戦というはじめてのルールでも行うことができました。

復活戦

復活戦とは、2チームにわかれて、敵を倒していくゲームです。

このゲームの特徴は、何回倒されても30秒で復活し、時間制限内に合計何回倒したかを競うゲームです。

今回は3チーム出来たので3チームに分かれて対戦しましたが、僕たちのチームAICは最弱でした笑

何回も経験されている方はやはりレベルが違うなと痛感しました。

エリア確保

エリア確保戦とは、2チームにわかれ、相手チームの陣地に攻め込んだら勝ちというルールです。

今回は2チームのちょうど真ん中に3つのフラッグを置いて、そのフラッグを一方のチームが2分間死守すればそのチームの勝ちというルールです。

3本のフラッグのうち過半数を死守したチームが勝ちとなり、撃たれたくはないものの、フラッグを守らなければいけないので前進しなければいけないという、緊迫感のある対戦を行うことが出来ます。

むやみやたらに突っ込むと一瞬で倒されてしまうので、非常に頭を使う心理戦的な要素のあるゲームでした。

ターミネーター戦

これはレーザーサバゲーならではの対戦ゲームです。

200発程度当てないと倒せないターミネーターvs人間全員で戦うとても白熱する対戦です。

撮影した動画がこちらです。

ターミネーター戦は全部で3回行いましたが、徐々に強くなるターミネーターに白熱しました。

これはここでした体験できないので、是非体験しにきてください!

最後に

今回はとても楽しむことが出来ました!

次回は7月27日を予定しておりますので今回参加された方、参加できなかった方是非ご参加下さい!

今回よりも全体的にグレードアップして開催する準備をしていますので楽しみにお待ち下さい!!

AICサバイバルゲーム責任者 石川


AICの仲間になれば、企業の後ろ盾がありながらご自身のイベントを一緒に構想し主催できたり、AIC会員限定の活動に参加できます!

AICの仲間になりたい方はこちら
AICとは

AICイベント情報が知りたい方はこちら
イベント情報をLINEで配信

仲間を募集しています

当メディアは、自己実現を目指す仲間が集まるAll In Communityが運営しています。
今の生活が退屈で、生涯付き合える仲間との出会いや、新しいことに挑戦したい方が集まるサードプレイスコミュニティです。

自分で考え、自分で発し、たった一度の人生を後悔せずに生きたいと願う若者の力が結集するそんな場所です。

今よりも楽しくてワクワクする人生に出会いたい方には、オススメの場所です。

目次
閉じる