第3回サバイバルゲーム 活動報告

第3回サバイバルゲーム 活動報告

先日行ったサバイバルゲームの活動報告について、福岡に行ってしまった石川さんに代わり、代理責任者の上原がお送りします。

今回のサバイバルゲームは前回と同じくFUTSAL POINT 芝浦 PRODUCE BY TOHKAIKAIUNで開催しました。

今回も株式会社K-7さんにご協力頂き、格安で!!サバゲーを体験するコトができました。

いつもありがとうございます^^

そうそう、K-7さんがゾンビと闘うリアル体験型ゲームをやるらしいですよ!たのしそうなのでよかったら是非行ってみて下さい♪

詳細はこちら

今回の概要

参加者は全員で19名ほど、うちAICからの参加者は5名でした。

今回も新しいゲームが追加されて、経験者も新鮮な気持ちで楽しむことが出来ました!

AICは最初全員同じチームに集められたのですが、相手の経験豊富チームに完膚なきにやられました。

やはり作戦も立てずに、経験豊富チームに挑んだのが間違いでした。

しかし、3回戦目くらいで、なんとなくの陣形を決め、何度か経験した人達も感覚が戻ってくると、そこからは快進撃で、結構勝ち数が増えました。

最初はいつもの陣地戦でした。

フィールドの中央にポールを立てて、そのポールを2分間死守するか、相手を全滅させたら勝ちというルールです。

このゲームで急成長した私たちは、勝ち数のが多かったと記憶しています。

そのあとがはじめてやるゲームでした。いつもはセンターラインを越えて相手陣地に侵入できないルールでやっていますが、このゲームは敵陣地まで進めます。

障害物の裏に隠れて射撃するいつものスタイルだけだと、相手が侵入してきて裏から撃たれる恐れがあり、戦略の幅が広がります。

私は正確的にイケイケドンドンで突き進んでしまうタイプなので、真っ先に敵陣地に侵入していきます。勿論、射撃されるリスクを負いますが不意を突けば一気にチャンスになるという寸法です。

このゲームも仲間達の活躍もあり、結構いい成績をおさめたと思います。

私は突っ込んでいくので、開始3秒くらいで射撃されて「みんなごめん・・・。」という試合もありました。

最後に行ったのは、仲間の開放戦です。

このルールは、先ほど同様センターラインを越えて相手陣地に侵入OKです。且つ、死んだ仲間を生き返らせる事が出来るルールです。

死んだ仲間たちはセンターライン付近の墓場に溜まるのですが、それを生還している仲間が助けて生き返らせることができるルールです。

勿論、生き返らせに行くと、相手からすれば恰好の餌食になるので、助けるべきか、もしくは助けずに相手の墓場付近で助けに来た奴を倒すかなども戦略の一つになります。

このゲームは折角倒した相手チームが生き返るときのショックは何ともいえません。頑張ってきたことが降り出しに戻るのです。

それでも自分たちの仲間を助けた時の達成感も勝るとも劣らず、「っしゃー!!」という感じです(語彙力不足)

この試合ももしかしたら、一番勝っていたかもしれません!急成長とはこのことですね!

最後に

今回で3度目の開催ですが、やはりサバイバルゲームは面白い!!

まだレーザーしかやったことありませんが、本格的なやつもけっこう興味がでてきました!

いままで会社員時代はスポーツするといったら接待ゴルフだったので、汗をかくことがほとんどありませんでしたが、AICをはじめてからフットサル・バスケ・サバゲーと身体を動かすことが増えてとても充実しています。

チームスポーツは単純に楽しいし、団結力が高まりますよね!

折角なので、沢山の方にもこれを体験してほしいと思っています!「やったことないから不安だ・・・。」その気持ちはめちゃくちゃわかりますが、やってつまんなかったら次回参加しなきゃいいんですよ!とりあえず一緒にやりませんか^^

次回の参加をお待ちしています!

現場から上原でした!

Create Yourselfーあなたらしい人生を創るー
All In Community

報告する

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。