【ノウハウ全公開】Twitterの伸ばし方 収益化までのロードマップ

UESHO
UESHO
資産構築とSNSは関係ないようなものに見えて、実は密接に関係しています。

SNSを構築することでリスク分散でき、資産構築を下支えしてくれます。

今回の記事では、SNSの中で今の時代は何が向いているのか、またはどのように構築するのかについて書いていきます。


AIC資産構築チームは、資産を作り上げることを目標にしています。そのため、ここではとりあえずブログで月10万円くらいの収益をつくるためのSNSの使い方を説明していきます。

ブログの構築当初は、検索順位が上がってこないのでアクセスが集まりません。そのため検索順位に頼るだけではなく、別の手段もかけ合わせてアクセスを伸ばしていく必要があります。

そこで必要になるのがSNSです。ひと言でSNSといえど、Facebook、Instgram、TiktokなどさまざまなSNSがあり、何を使えばいいか迷うと思いますが、ブログともっとも愛称がいいのがTwitterです。

目次

Twitterとブログの相性がいい理由

なぜTwitterがブログと一番相性がいいのでしょうか。答えは色々ありますがそのポイントを整理しましょう。

  • Twitter自体がテキスト(文章)をメインとしたSNSであり、ブログとの親和性が高い
  • 投稿にURLを貼ってもリーチが落ちにくい傾向にある
  • 最もラフなSNSである

以降で詳しく説明します。

Twitter自体がテキスト(文章)をメインとしたSNSであり、ブログとの親和性が高い

SNSを分類すると、Instgramは写真をメインとしたSNSであり、TikTokは短時間の動画をメインとしたSNSです。

画像や動画を使ったSNSはご自身のファンを増やすうえでは有効です。つまりインフルエンサーとしてご自身を媒体とする場合は、InstgramやTikTokを使ったマーケティングや、Youtubeやライブ配信アプリを使った戦略も有効でしょう。

しかし、インフルエンサーとして活動するには、ビジュアルが優れていたり、発想と表現が独特だったりと、ある意味でカリスマ性が必要となり、誰にでもできるものではありません。

また、顔出しをすると直接的な誹謗中傷を受けたり、社会的にみてマイナスも目立ちます。

投稿にURLを貼ってもリーチが落ちにくい傾向にある

Twitterと同じようにテキストベースの主要SNSがFacebookです。

Facebookは、投稿にURLをいれるとリーチが大きく下がると言われています。言い換えるならば、投稿にURLを入れると全ての友達に投稿が届きません。Facebook独自のアルゴリズム(ルール)に基づいて、外部URLを入れている投稿が弾かれやすくなるということです。

リーチを落とさずに外部のURLに誘導するためには、自分の投稿のコメント欄にURLを貼り付けることが最良だとされていますが、それでもコメント欄を見てもらわないと外部URLに飛ばせないので、誘導率はかなり落ちてしまいます。

一方でTwitterはURLを貼ってもさほどリーチが落ちません。Twitterであれば投稿にURLを貼ってもFacebookと比較すれば誘導は簡単です。

もっともラフなSNSである

Twitterは一番ラフにアカウントが作れて、運用できるSNSです。

前記の通り、InstgramやTiktokは写真や動画を掲載するという関係上、陽キャ属性の方にとってはもってこいの媒体です。またFacebookは本名で登録しないといけません。そう考えるとTwitterは本名ではなく、写真を載せる強迫観念もないため、もっともラフに取り組めるSNSなのです。

UESHO
UESHO
ブログを伸ばすために、Twitterのフォロワーさんを増やすことが第一段階では大切です。

そこでブログを収益化するためのTwitterの伸ばし方を会員限定でご提供します。このノウハウ自体が色々な有料ノウハウを組み合わせたノウハウになっているので相当価値があります。じっくりご覧ください。

ここからは会員限定メニューになります。会員の方はパスワードを入力してください。

Protected Area

This content is password-protected. Please verify with a password to unlock the content.

目次
閉じる