【保存版】夢を叶える6ステップ|実体験に基づく具体的な方法

こんな方におすすめ

  • 夢の叶え方を知りたい
  • 夢は本当に追うべきなのか知りたい

夢を実現させることは、人によって挑戦する前から遠い目標だと感じてしまったり、そもそも現実的ではないと思っている場合が多くあります。

確かに、自分の夢を叶えるためには相応の覚悟と努力が必要なのは間違いありませんし、周りの無責任な大人たちは、夢をもつあなたに「現実を見ろよ。」と夢を諦めさせるように働きかけます。

しかし、夢を叶えることは決して無理なことではありません。

少なくとも、夢に近づくための方法があり、それに従うことで夢が叶う可能性は確実に上がります。

この記事では、夢を叶えるための具体的なステップを、実体験に基づいて解説します。

この記事の信ぴょう性

この記事を書いているUESHOです。2015年にフリーランスになり、2018年から会社経営、現在は6社の経営を行っております。自分のやりたいことを追求して夢を少しづつ叶えてきました。

目次

前提:夢は叶うものなのか?

夢は叶うものなのか、それとも夢は叶わないものなのか、果たしてどちらなのでしょうか。

夢を追いかけること自体に大きな価値がある

本などを見ていると「夢は必ず叶う」という考え方を目にすることがあります。

その考え方自体は素晴らしいとは思いますが、無責任に「必ず叶う」とは言い切れず、才能がなければ叶わない事も沢山あります。

例えば、生まれつき足が遅いのに100㎥走で日本代表になることは難しいですよね。

夢は必ず叶う訳ではなく、夢に向かって一生懸命取り組んでも、叶わない人の方が圧倒的に多いのが現実です。

その現実は必ず理解しなければいけませんが、「だから夢は諦めた方が良い」という議論は、全くずれています。

「夢は叶えないと意味がない」という観点は間違っており「夢を追いかけること自体に大きな価値がある」ということをまずは理解すべきです。

夢を追いかける3つの価値

夢を追いかけること自体に、大きく分けて3つの価値があります。

  1. 夢が叶う叶わないに関わらず、夢を追いかける行為自体が幸福度を高める
  2. 夢は必ず叶うものではないものの、夢を追わないと叶うはずがない
  3. 夢を追っているうちに様々な経験をして、当初の夢よりももっとやりたい夢や、新しい可能性に出会える

1点目の観点は、夢を追いかけること自体が幸福度を高めるという観点です。

1998年にペンシルベニア大学心理学部教授のマーティン・E・P・セリグマン博士によって創設された「ポジティブ心理学」という学問によると、人間の幸福度への影響力の50%は自発的活動によって決まると定義されています。

つまり、自発的に夢に挑戦する行動を起こすだけで、幸福度が高まると定義されているのです。

2点目の観点は、夢は叶うか叶わないかわからないものの、叶えようと行動しない限りは絶対にかなわないという観点です。

つまり、妄想しているだけでは、現実は1mmも変わらないということです。

3点目の観点が、夢を追っているうちに新しい出会いや経験をし、人生の選択肢が広がっていく可能性が高いということです。

今のあなたの夢は、今まで自分が経験したことや、見たり聞いたりした情報に基づいてつくられます。

今の夢に向かって挑戦している中で、新しい出会いや、新しい経験をしていくでしょう。

その結果、もしかしたら新しく興味の沸くことや、もっとワクワクする生き方に出会えるかもしれません。

夢を叶えるのは簡単ではありません。だからといって、夢のない人生や、夢を諦めてしまう人生は幸せな人生から遠ざかってしまいます。

夢を追いかける大変さ

夢に向かって努力をすることは素晴らしいことですが、夢を追いかけるには大変な苦労がつきものです。

夢を追いかけることと全く別の話で「生活」をしなければならないので、最低限生活ができるお金は稼がないといけません。

つまり、夢を追いかけるには、生活をするための仕事をしながら、別で夢を追いかけるための活動をすることになります。

夢を追いかけるには、時間やお金がかかるので、時間・お金さらには体力がただ生活する以上にかかります

夢を追いかけるために、時として不眠不休で頑張らないといけない時もあり、それに耐えるだけの忍耐力も夢を追う上では必要になります。

夢を叶えるための具体的なステップ

夢を叶える順序は全部で6つのステップに分けることができます。

STEP1. 自分に正直に向き合う

夢が叶うかどうか以前の問題で、夢は叶わないものと諦めてしまった段階で、夢は現実になりません。

確かに大人が夢を語ると、世間から冷ややかな目で見られたり、足を引っ張る大人が出てくるのも事実です。

それでも、人生はたった一度しかなく、夢から自分が逃げてしまうのは、あまりにも勿体ないです。

人生で成し遂げたいことと正直に向き合い、挑戦することの覚悟を決めるのです。

この段階では、実現できそうかどうかは考慮せず、夢を叶えると心に誓うことが重要です。

STEP2. 夢を目標に変える

夢を叶えるためには、「夢」を「目標」にすることが重要です。

夢と目標には大きな差があり、夢は漠然としたもので、目標は具体的に数値化したものです。

例えば、期限を決めたり、体重を5kg落とすのように具体的な数字に落とし込んだものが「目標」です。

目標設定の仕方は、SMARTの法則に基づいて設定するといいでしょう。こちらの記事を参考にしてください。

あわせて読みたい
【2020年版】目標設定 SMARTの法則でつくる目標【具体例あり】
【2020年版】目標設定 SMARTの法則でつくる目標【具体例あり】こんな方におすすめ 目標を作る方法が知りたい! 目標を具体的に設定したい!この記事の信ぴょう性この記事を書いているUESHOです。2015年にフリーランスになり、2018...
UESHO
UESHO
ここで作る目標は、夢を追いかける中で修正していくことになるでしょう。しかし、重要なのは夢を夢で終わらせないためにも、目標レベルに具体化しておくことです。

STEP3. 仲間を増やす環境セットする

夢を叶えていくためには、前向きに夢に向かう環境に身を置くことが重要です。

人は誰と出会って、時間を過ごすかで人生の過ごし方が全く変わってしまい「長い時間をともに過ごしている5人」の平均が、今と未来の自分を作っていると言われます。

そのため、夢を持って目標を立てている人と長い時間を過ごすことが、自分が目標を叶えていくために非常に重要です。

人間は自分に甘く、1人きりで目標を叶えようと思ってもダレてしまいます。一緒に頑張れる仲間を持つことが、目標に近づく上で大変重要なことです。

人脈を広げ仲間を増やしていく方法は、こちらの記事で解説しています。

あわせて読みたい
【体験談】出会いは面白い!人脈はつかみに行くことができる
【体験談】出会いは面白い!人脈はつかみに行くことができる【与えられた出会い・つかみに行った出会い】出会いには与えられた出会いと、つかみに行った出会いがあります。人生は誰と出会い、誰と沢山時間を過ごしたかでほとんど...

STEP4. 夢を叶えている先駆者にアドバイスをもらう【最重要】

夢を叶える上で最重要なのは、あなたの夢のジャンルで夢を既に叶えている先駆者(メンターと呼ばれます)に出会い、アドバイスをもらうことです。

「長い時間をともに過ごしている5人」の中に、先駆者がいれば最高です。

すでに夢を叶えている先駆者は、成功体験、失敗体験、失敗への対処を一通り経験しています。

そんな経験豊富な先駆者にアドバイスをもらうためには、先駆者と出会う場に足を運び、自らの夢と目標を伝える必要があります。

例えば、経営者になりたいのであれあ、経営者の集まる会合に無理をいって入ったり、SNSでダイレクトメッセージを送ることもできます。

もちろん、先駆者は忙しい人が多いうえに、あなたにアドバイスをすることは先駆者にとって何のメリットもないので、少なくとも熱い想いを持っておかないと門前払いにあってしまいます。

とてもハードルが高いように思いますが、夢を叶えた先駆者は、夢を追いかける後輩を応援したいと思う方が多いので、あなたの想いが伝われば協力してくれるでしょう。

STEP5. アドバイス通りに試してみる

先駆者からアドバイスをもらったら、アドバイス通りに行動することが重要です。

夢を叶えていないあなたは、いわば自動車教習所に通う生徒です。

教習所ではじめて車を運転するとき、教習所の先生が横に乗り、アクセルとブレーキの位置から説明してくれますね。その指示に従い車を発進させ、何度か練習を重ねて自動車免許証を取得します。

先生のアドバイスが無ければ、アクセルをどのくらい強く踏み込むかもわからないでしょう。

だからこそ、アドバイスをもらったら、素人の自分の考えは捨て、アドバイス通りに実行することが重要なのです。

STEP6. 挑戦しながらレベルを上げる

先駆者のアドバイス通りに挑戦していると、壁にぶつかることがあるでしょう。

なぜなら、夢を叶えていくためには、いくつも乗り越えなければ壁があるからです。

だからこそ壁にぶつかった時こそ、夢に近づいている証拠であり、壁を苦労して乗り越えたときに成長して夢に近づいてるチャンスととらえることができます。

夢に近づかなければ壁は訪れません。今の自分には乗り越えられないと思うほどの高い壁であれば、乗り越えた時の成長度合いは大きくなります。

目の前の壁に何度も挑戦して、失敗を繰り返しながら成長していきましょう。

夢は逃げない。逃げるのはいつも自分。

前述の通り、夢は一生懸命追いかけても必ず叶う訳ではありません。

それでも、夢を追いかけること自体が幸せだったり、夢を追いかけることで新しい経験や挑戦を通じて成長に繋がります。

私たちの人生は一回しかありません。

周りの無責任な大人たちは、夢をもつあなたに「現実を見ろよ。」と、夢を諦めさせるように働きかけますが、周りに何を言われようと、「自分らしい」人生を求めて夢を追いかける人生が確実に幸せです。

人生は「選択」の積み重ねの先にあります。

夢に向かっていく人生を積み重ねるか、夢を諦める人生を積み重ねるかは自分次第です。

是非「自分らしい」、夢を追いかける人生を生きることをおすすめします。

目次
閉じる